はつかいち花火大会とは

『はつかいち花火大会』とは

平成19年に廿日市市市制20周年記念として開催された「はつかいち商店街活性化花火大会」は、西日本最大級の花火大会として多くの人に感動を与えてくれました。

当時花火大会の観客だった若者の中には、今や青年経済人として廿日市で活躍している若者も多くいます。

あれから10年、今年廿日市市市制30周年を迎え、あの感動を廿日市の次代を託す若者に感じてもらい、『廿日市の可能性』をもっと高め、若者や子供達が誇れる郷土づくりを目指す為、廿日市商工会議所青年部が中心となり、地域を巻き込み『オール廿日市』を合言葉に「地域の皆様と共に創り上げる」花火大会です。

大会概要

名称  はつかいち花火大会(廿日市花火大会)
主催  廿日市花火大会実行委員会
共催  廿日市商工会議所、廿日市商工会議所青年部
後援 廿日市市、 (一社)はつかいち観光協会
協力  廿日市駅通り商店会、はつかいち本通り商店会、串戸商工振興会、佐方中央商工会、宮内中央商店会、平良地区コミュニティ、串戸地区自治協議会、地御前地区自治会、山陽女子短期大学、FMはつかいち76.1MHz
開催日  2018年9月15日(土) 20時00分~
※雨天順延 【9月16日(日)】20時00分~
場所  廿日市市「串戸港」沖合400mの海上の打上げ台船
打上数 約7,000発
2尺玉(60㎝)3発
内容 開場時間  16時00分~
場 所   廿日市浄化センター
打上時間  20時00分~